EN

天命に安じて人事を尽くす

日々生かされている事に感謝して、
クライアントに寄り添っています。

櫻橋 淳

取締役 チーフコンサルタント

プロフィール

浄土真宗(真宗大谷派)僧侶。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科後期博士課程満期退学。英国国立ウェールズ大学経営大学院修了(MBA)。大学卒業後、世界文化社にて女性誌などの編集、グロービスにて組織開発コンサルティング、日本IBMにて戦略コンサルティング業務に従事した後、HRインスティテュートに参画。

専門領域は、新規事業開発、新商品開発、戦略立案、組織開発領域などのコンサルティング。

09:00

クライアント先へ

この日はHRIの実践型プログラム「ワークアウト」の初回です。2035年までの中長期事業計画をクライアント主体で創っていきます。
開始1時間前に会場入りし、事務局(人事)の方との最終打ち合わせを行います。

10:00

ワークアウトスタート

約1年間続くプログラムがスタートしました。
ワークアウトの目的、受講生への期待を伝えます。
いかに厳しくも和やかな空気感を
創り出すか、最初の時間が非常に大切です。

12:00

お昼休憩

この日のお昼ご飯はクライアント先の食堂でいただきます。
同じテーブルになった受講生の方との
コミュニケーションも大事にしています。

13:00

ディスカッション

午前中に学んだ内容を活かし、事業環境の分析など中計作成に向けたワークを行います。
グループでアウトプットを作った後、全体で共有し受講生・講師を交えてディスカッションします。

18:00

ワークアウト終了

片付けを終えてから事務局の方と振り返りの
ミーティングを行います。
受講生の様子、理解度について意見を交わします。
事務局の方との関係性づくりも大事な仕事です。

18:30

終了報告&メールチェック

近くのカフェで終了報告とメールチェック。
ワークアウト中はまとまった時間を取りづらいため、
こうした時間でまとめて返します。ワークアウト中は常に場に集中しているので、カフェでは
甘いものも摘まみつつリラックスして仕事をします。

20:00

帰宅

プライベートでは浄土真宗(真宗大谷派)の僧侶をしています。意外かもしれませんが、当宗派では 勉強が欠かせないのです。人生いつになっても勉強です。

詳しくはこちら