EN

Vol.203 お客様の現場から
〜HRインスティテュート・チャイナ設立〜

2015/7/24

HRインスティテュート ビジョンマガジン ご意見・お問合せはこちら

       

 

HRI ★ ビジョンマガジン [203号]
~HRインスティテュート・チャイナ設立~

モアちゃん
 

 
いつも、ご愛読ありがとうございます。ビジョマガ編集長です。

関東は梅雨が明け、猛暑の日々が続いております。
でも、夏は毎年短いと感じてしまう私です。
8月は、プールに海、アイスにかき氷、花火に浴衣と
思い切り夏らしいことを満喫したいですね。
(個人的にはこの猛暑に登山を復活します。)

それではビジョンマガジンをどうぞ!

 

▼ 以下、本編です。▼
1.お客様の現場から
~各コンサルタントがお客様とのプロジェクトの一部をご紹介いたします。
2.コンサルタントの視点
~各コンサルタントの専門分野におけるナレッジをご紹介いたします。
3.1分間思考力クイズ
~休憩時間に少し考えてみませんか。

 

お客様の現場から
~「影響力」の発揮~

 
(執筆)中野 俊宏
最近、外資系企業などを中心に、コミュニケーションを題材としたトレーニングの
内容が細分化されてきており、私自身は「影響力」をテーマで仕事をさせて
いただく機会が増えている。

人材の多様化、ITツールの進化による対面コミュニケーションの絶対量の不足、
などの状況を受けて、企業の人材開発担当者の方々は、
・自己都合での関わり方が多く、相手が共感して動いてくれるような
 コミュニケーションがとれていない
・傾聴スキルなどよりも一歩進んだ、より実践的なコミュニケーションスキルを
 身につけてほしい
・短期的な説得力に加えて、長期的な影響力を磨き、困難な局面突破の
 武器にしてほしい
・合意形成力を上げて、生産性の高い組織に進化したい

などの問題意識や課題を持っている。

これらに対して、「影響力」を研修プログラムとして実施する際には、主に
①「影響力発揮の原則」
②「エマジェネティックス理論によるタイプ別攻略法」
などがポイントとなる。

①については、有名なロバート・B・チャルディーニの名著
「影響力の武器」にもある、
・返報性(ギブ&テイク)
・コミットメント(相手に当事者になってもらう)
・希少性(価格、期間、などの限定感を伝える)
なども含む。日本のビジネスシーンで自然な形で使えるように、さまざまな
体感的な演習、グループでの体験談のシェア、などから日本の
ビジネスシーンで活用できるように磨きあげていく。

②については、「エマジェネティックス理論」を活用し、まずは自分の特徴を
思考特性、行動特性の面から見出していく。
自分の特徴を見出した後は、相手の特徴に合わせて、自らが主体となって
関わり方を進化させる術を身につける。

※エマジェネティックス理論はアメリカの教育学者ゲイル・ブラウニング博士により
構築されたもので、世界で約40万人がプロファイルを作成している。

基本から実践へ一気に駆け抜けるプログラムで、終了時には自分の
コミュニケーションの幅が広がりを実感している受講者の方々の様子が
とても印象的だ。

中野俊宏
https://www.hri-japan.co.jp/consultant/toshihiro_nakano
編集長より:プログラム詳細は、中野宛にご連絡ください。
【mailto:visionmagazine@hri-usa.com

 

コンサルタントの視点
~HRインスティテュート・チャイナ設立~

 
(執筆)代表取締役 稲増美佳子
 
おかげさまで、5月に輝泉(上海)=HRインスティテュート・チャイナ設立。
早速、3冊のHRIの本がでます。その一冊が「マーケティング」です。
いまや巨大な“消費市場”である中国。

ただやみくもに営業・販売しているのでは淘汰される時期が必ずやってきます。

たとえば、中国&アジア向けのエアコンで1兆円を超える売上をたたき出す
格力(グリー・エレクトリック・アプライアンシズ)。
これまでは、大衆向けの手ごろな製品が中心でしたが、いまや大きく
方向転換しています。
トップのドン・ミンジュ氏は「最後は本当に力のある会社が勝つ」と宣言し、
ダイキン工業と協業して高付加価値のある製品へとシフトしました。

市場で勝ち続けるためには、しっかりと“いいお客さま”に、“選ばれ続ける”
商品&会社であるよう、マーケティング思考が必要です。

2012年に発表された「中国消費者一万人アンケート調査」(野村総合研究所)
によると、今後の企業のマーケティングに影響のある2つの重要な
セグメントが生まれてきています。
調査は、20都市に住む20-35才の女性対象)

ひとつは、「流行・トレンド派」、そして次に「高付加価値派」です。
先ほどのエアコンの格力は、まさに「高付加価値派」を狙って舵を切りました。
それから、ユニクロもユニークな機能性を競争優位性として
中国各地で展開しています。
一方、2000年に上海で設立された「イノハーブ(相宣本草)」の戦略は、
明快です。
一番大切なお客さまは、都市部に住む「流行・トレンド派」の女性たち。
そして、彼女たちが夢中になって思わず口コミで伝えたくなるような、
商品戦略・プロモーション戦略を企画して実行。

このように、“いいお客さま”を、セグメント化して、お客さまに合った
マーケティングの仕組みを動かすことで、「イノハーブ」は、
中国メーカーのトップに躍り出ることができました。

日本のきめ細かいマーケティングの真髄を求めるお客さまが、中国で
待っています。
「お客さまは神さまです」の顧客志向が広がるよう、一助となりがんばります。
輝泉(上海)=HRインスティテュート・チャイナ、どうぞよろしくお願いいたします。

URL:https://www.hri-japan.co.jp/china/

 

1分間思考力クイズ

 
夏らしい問題!

コンビニやスーパーで売られているカップのかき氷ですが、
なぜかアイスクリームと違い、容器は円型ではなく縦にぎざぎざの
絞りが入っています。
かき氷の容器はなぜこのような形をしているのでしょうか?

回答
■カップの中でかき氷が回転しないため

アイスクリームのようにもっちりとした食べ物と違って、
かき氷の場合は容器が円柱形だと食べているうちに容器の中で
氷がぐるぐる回ってしまって食べにくくなるのです。
容器がぎざぎざの形をしていれば、角の部分が引っかかって
食べている途中に容器の中で氷がぐるぐる回ることが
なくなるわけです。

▼アイスクリームとの違いは「固くて粘り気がない」ことです。
だからひっかかりを作っておかないと食べにくくなるのです。
出典・戦略思考トレーニング3 (日経文庫)

かき氷、お皿に入れて一度冷凍すると、解凍したとき確かに
ぐるぐる回っています。(編集長)

 

編集後記
編集後記

みなさま、今月もお読みいただきありがとうございます。

HRIの中国拠点がいよいよ立ち上がりました。
皆様のグローバルビジネス展開の一助となれるようがんばります。

ぜひ、お知り合いの方、会社関係の方に告知いただければ
幸いです。

ご質問、ご要望、感想、どしどしお待ちしておりますー!!
編集長:HRI石田

 
モアちゃん
皆様からの
ご意見・ご感想・叱咤激励など常時お待ちしております!
visionmagazine@hri-usa.com
 
ビジョンマガジンの著作権は原則、HRインスティテュートに帰属しますが、「ぜひ、読んでみたい!」
「この人に読ませたい!」という方が周りにいらっしゃいましたら、転送していただいて構いません。
その後に、購読の登録をお勧めしてあげてくだされば感激です。

※このメールはMSゴシックなどの等幅フォントで最適にご覧いただけます

 
[編集] HRインスティテュート ビジョマガ編集部
[発行] 株式会社HRインスティテュート
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-13-23 HRIビジョンハウス
TEL 03-3423-3201
https://www.hri-japan.co.jp/
●個人情報保護について
●配信停止はこちら
Copyright © 2014 HRインスティテュート

ニュース

  • 2018/12/14
    ウェイ活動

    ビジョンハウス研修レポート「描いて伝える可視化スキル グラフィックレコーディング研修」

  • 2018/12/6
    お知らせ

    企業の次代を担う幹部候補育成プログラムを展開
    経営層、人財育成担当者を対象にプログラムを実施

  • 2018/11/22
    セミナー・研修

    2018年11月16日HRカンファレンスにて弊社取締役国友が「挽き出し合う場を通じて課題を自分ごとに落とし込む~次世代育成ワークアウト」の講演をさせていただきました

  • 2018/11/21
    セミナー・研修

    11月24日(土)、中国・上海にてビジネス・ブレークスルー大学大学院およびBOND-BBT MBAプログラムによる特別公開講座(無料)を開催いたします

  • 2018/11/6
    ウェイ活動

    ビジョンハウス研修レポート
    「水」から考えるビジネスチャンスと企業リスク

  • 2018/10/24
    セミナー・研修

    無料セミナー【プログラムバスケット】を2018年11月29日(木)に開催!

  • 2018/10/17

    社長の愛読書『ベスト・フレンドーー新しい自分との出会い』

  • 2018/10/11
    ソーシャル活動

    第23回 ビジョンハウス倶楽部開催のご案内

  • 2018/10/3
    メディア掲載情報

    中途採用サポネットwebサイトに弊社代表稲増の「これからのリーダーに必要なこと」の記事が掲載されました

  • 2018/10/1

    2018年9月20日HRサミットにて弊社常務取締役染谷が「異文化組織のマネジメント力を高めるチームマネジメント力を高める」の講演をさせていただきました