EN

プロセス・コンサルティング〜「ワークアウト」が生まれた経緯

2016/3/15
 筆者:野口 吉昭
 
■ お客様の現場から

 

23年前、株式会社HRインスティテュートを創業しました。 創業当初の事業目的は、「日本のコンサルティングスタイルを変えたい!」でした。 当時のコンサルティングは、コンサルタントが主体的に実施する ・コンテンツコンサルティング がほとんどでした。

 

私自身が関わったコンサルティング案件でも分厚いレポートとマネジメントクラスを前にした自信たっぷり(自信たっぷりに見せる)のプレゼンテーションが成果物でした。 その後、そのレポートに従って動くケースもあれば、なかなか提案通りに動かなくてホコリをかぶるケースもありました。

 

そもそもトップマネジメントのパワーが強い外資系や同族企業ならコンテンツコンサルティングもいいですが、トップマネジメントのパワーが弱い、現場が強い日本企業には、このスタイルは合わないという想いが積み重なって ・プロセスコンサルティング の新しいスタイルのコンサルティングをしたい!という思考経緯で創業したのが、HRインスティテュートでした。

 

プロセスコンサルティング(=ワークアウト)の特徴は、 *現場重視 *成果重視 *人財重視 にあります。

 

ビジョン、戦略、計画などのアウトプットは、すべてクライアントの方々が策定します。2ヶ月〜10ヶ月で、回数は、3回〜12回程度と差があります。 できるだけ、時間をかけ、回数を重ねる方がアウトプットの質は向上します。

 

運営で何よりも重要なのは、 ・トップマネジメントのコミットメント にあります。

 

研修プログラムのスタイルをとるケースも多いこともあって人事部、人材開発センターなどがメインで運営されるケースも多いですが、大切なのは、研修のための研修にしないことです。

 

事業企画や商品企画なら予算をつけて実現レベルまで進めないと参加者は、結局「なんだ、所詮、研修かよ・・・」と思ってしまいます。

 

デキが悪ければ実現させられませんが、デキが良ければ実現すべきです。

 

そのことをトップマネジメントにコミットしてもらえないと真剣味が出ません。

 

お蔭さまで、15年以上も続くプログラムも複数存在しています。トップが交代しても企業遺伝子の一つとして継続しているケースもたくさんあります。

 

単なるプログラムレベルではなく実業に活かし、育成に活かし、活力に活かす仕組みのコンセプトが重要だと思います。

 

多くの日本企業に「恒常的なイノベーションの実現」が求められています。

 

是非ともイノベーションの仕組みの一つであるワークアウト・プログラムを活用していただければと思います。

 

代表取締役会長 野口吉昭

おすすめコンサルタント

  • 野口 吉昭

    エグゼクティブコンサルタント

おすすめコンサルタント

  • 野口 吉昭

    エグゼクティブコンサルタント

ニュース

  • 2019/10/15

    台風19号により被災された皆様へお見舞い申し上げます。

  • 2019/10/10
    お知らせ

    THE DAILY NNA タイ版に2019年10月10日付で紹介されました

  • 2019/10/9
    お知らせ

    タイ王国での子会社設立のご案内

  • 2019/10/1
    プレスリリース

    来春を見据えた「若手社員」のスキルアップ
    指導するマネージャー向けの「ストーリーテリング」と
    若手社員が伸びる「ロジカルシンキング」

  • 2019/9/25
    メディア掲載情報

    「PHPオンライン衆知」連載第7回目 取締役シニアコンサルタント稲垣一郎による
    「なりたい自分を実現する『課題解決力』」

  • 2019/9/17
    お知らせ

    KADOKAWAビジネスパーソン向けサイト”Study Walker” にて連載開始!

  • 2019/9/13
    セミナー・研修

    無料セミナー【プログラムバスケット】を2019年10月11日(金)に開催!

  • 2019/9/3
    ウェイ活動

    ビジョンハウス研修レポート
    「社会問題を解決する『社会起業家』を生み出すボーダレスグループ」

  • 2019/8/29
    事例紹介

    「人間は、一生勉強」進化しつづける学びの場
    ——株式会社鳥貴族様

  • 2019/8/8
    ソーシャル活動

    2019年6月8日(土)第24回ビジョンハウス倶楽部セミナー
    「介護を自分の人生の一部として肯定するために」