EN

用語解説

DCF

ディスカウンテドゥ・キャッシュフロー。DCF法という。投資の判断に使う分析手法。何かに投資をした時に、リターンとして、現在価値として、どれだけのキャッシュが得られるかを想定する方法である。行政は、金融再生プログラムの中での銀行の大口債権(株・債券・土地など)の回収にDCF法を採用。グローバルスタンダード準拠の会計シフトにもつながるので、注目を浴びている。

IT

グローバリゼーション

ソーシャル

ビジネスモデル

マーケティング

リーダーシップ

人事

分析手法

情報収集

戦略論

組織

経理・財務