EN

用語解説

減価償却

固定資産は(例えばパソコン)、一定の期間になると価値は、減退する。その価値の目減りを損金=費用として計上する考え方。残った価値は、残存価値として資産計上される。価値の減退だから、減価。それを費用として、引いて棄却してしまうから償却。(焼却ではない)
その償却分の計算は、一般に定額法と定率法がある。100万円を均等割り(4年とか7年とか)して、減じる方法と同じ比率(例えば、6年で償却するなら毎年0.319を掛けるとか)を掛ける定率法がある。
しかし、税法上の基準は、実際の市場の動きとはかなり違うのが実際である。

IT

グローバリゼーション

ソーシャル

ビジネスモデル

マーケティング

リーダーシップ

人事

分析手法

情報収集

戦略論

組織

経理・財務