EN

用語解説

ターゲットセグメンテーション分析

ターゲットをいくつかの軸でグルーピングする手法。ABC分析は、売上や利益で分類する1次元。マトリックスにして、タテ軸:価格帯 ヨコ軸:年令 とすると2軸になる。マーケティング分析、マーケティング戦略構築の際は、客観的なアンケート調査などでこの軸を3〜7つほど用意して、多変量での解析をし、それをクラスター化させることが、よく使われる。
多変量解析の軸としては、例えば、自動車のケースなら、価格帯・使用目的・年令・性別・燃費・スタイル・・・といったもので車クラスター(生活者の車嗜好分類)をつくったりするのだ。そして、この多変量解析(軸)を2次元に表現して、わかりやすい2軸(複数軸を2軸にまとめてしまうこともできる)でマトリックスをつくってグループ化させて、商品分析・ユーザ分析・価格分析・コンセプト分析などを展開するのが、ターゲットセグメンテーション分析である。

IT

グローバリゼーション

ソーシャル

ビジネスモデル

マーケティング

リーダーシップ

人事

分析手法

情報収集

戦略論

組織

経理・財務