EN

用語解説

ABC分析

顧客分析・商品分析・チャネル分析などいくつかの分析に共通させた考え方・分析フレームである。顧客・商品・チャネルなどの売上や粗利や営業利益などの絶対値を上位からランキングし、最重要ターゲット(=Aランク:プラチナ:全体の5〜15%程度)、重要ターゲット(=Bランク:ゴールド:15〜25%)、中間ターゲット(=Cランク:シルバー:20〜25%)、普通ターゲット(Dランク:ブロンズ:15%〜20%)・・・という5ランク、6ランクにしてターゲット先を1次元でグループ化(クラスター化)させる分析手法。活動の優先順位、商品の改廃リスト、店舗のスクラップ&ビルドなどの対応を考える基盤にする。

IT

グローバリゼーション

ソーシャル

ビジネスモデル

マーケティング

リーダーシップ

人事

分析手法

情報収集

戦略論

組織

経理・財務