EN

用語解説

SOX法

サーベンス・オクスリー法(Sarbanes‐Oxley Act of 2002)は、企業会計・財務諸表の信頼性を向上させる目的で2002年7月に成立したアメリカ合衆国の連邦法。米国で起こったエンロンやワールドコム事件など企業会計の不正に対処するために制定されたものである。しかし、施行当初からコストや報告内容などの企業の手間や負担増が問題視され、SECが内部統制ルールの適用を緩和するなど見直しの方向にある。

IT

グローバリゼーション

ソーシャル

ビジネスモデル

マーケティング

リーダーシップ

人事

分析手法

情報収集

戦略論

組織

経理・財務