EN

用語解説

環境情報収集手法(センサネットワーク)

多数のセンサを相互に接続したネットワークのこと。一般には,接続手段に無線通信を用いる無線センサ・ネットワークを指すことが多い。その用途は,ビルや工場の空調管理から,入院中の患者の健康チェック,はては環境のモニタリングと幅広い。周囲のセンサと自発的に接続できるアドホックなネットワークであれば,例えば森林の環境モニタリングを行うのに,飛行機を使って空中からセンサ端末を散布するといった大胆な利用法があり得る。 無線センサ・ネットワークの場合,個々のセンサ端末は乾電池や太陽電池などを使い,スタンドアロンで動作させる。このため,無線通信に要する消費電力は可能な限り抑える必要がある。個々の端末の通信距離をできるだけ短くして消費電力を抑える手段として,センサ端末から得られた情報を端末から端末へバケツリレー方式で伝送する「マルチホップ伝送」がよく使われる。センサ・ネットワーク向け無線通信規格としては,Zigbee,KillerBee,特定小電力無線,Bluetoothなどがある。

IT

グローバリゼーション

ソーシャル

ビジネスモデル

マーケティング

リーダーシップ

人事

分析手法

情報収集

戦略論

組織

経理・財務