EN

用語解説

IT経営

80年代後半に、インフォメーション・ベースト・コーポレーションという本が評判を得た。「情報を基盤にした企業経営」という意味だ。そして、その頃に、SIS(Strategic Infomation System)という言葉も流行語になった。戦略的情報システムという意味である。IT経営もほぼ同じ意味をもつ。
IT=Infomation Technology。直訳は、情報技術になるが、実際は、情報価値を基盤とした経営を意味する。ハード・ソフト・ネットワーク・データ・コンテンツ・活用を統合化・融合化そして革進化させたものがIT経営である。その代表例が、花王・セブン‐イレブン・ジャパンである。重要なのは、情報基盤ではない、情報価値基盤だ!仮説検証経営=情報価値基盤経営である。

IT

グローバリゼーション

ソーシャル

ビジネスモデル

マーケティング

リーダーシップ

人事

分析手法

情報収集

戦略論

組織

経理・財務