EN

用語解説

DWH ( Dataware House )

データウェアハウスのはじまりは、アメリカの国防総省のハイテク戦車のマニュアル整理に使われたことから!といわれている。ハイテク戦車のマニュアルは、それを格納するだけで一つの倉庫にもなってしまった。これでは、目的にあわせたマニュアルにはなりきれないということで、目的意識をもったかたちとして整理・体系化させたデータベースに組替えた。これが、データウェアハウスの始まりでもあり、目的でもある。
つまり、DWHとは、単なる大規模なデータベースではなく、目的を一定パターン化、モデル化して整理・体系化させることによって、より目的的にデータ検索・データ分析できるようにするものである。
例えば、1週間単位の情報は、実は、時・日・曜日などのデータの蓄積である。DWHでは、この時間軸の切り方が、様々に切れることが可能になった。時間軸での整理・体系化がなされているということになった訳だ。

IT

グローバリゼーション

ソーシャル

ビジネスモデル

マーケティング

リーダーシップ

人事

分析手法

情報収集

戦略論

組織

経理・財務