EN

用語解説

IPv6 ( Internet Protcal version 6 )

IP(Internet Protcal)のバージョンが、6になるという意味。今が、v4。これまでのv4では、それぞれの(ホストの)アドレスが、それぞれに存在している。32ビット。つまり、42億9496万7296個通りのパターンしかない。これでは、急増するインターネットに対応できなくなってしまうし、これから、情報家電、自動車、コピー&プリンターなどにもどんどんアドレスが必要になり、これではとても対応できなくなるということで、32ビットを128ビットに引き上げたのだ。約3.4×10の38乗個になる。IPv4が、45億未だが、IPv6は、1兆の1兆倍のさらに1兆倍よりも大きくなる。つまり、ほぼ無限大ということになるのだ。セキュリティもより簡便になり、IP電話もやりやすくなった。
しかし、これまでのIPv4対応のコンピュータとの交信ができなくなる。バージョンが、大きく変わる訳だから。しかし、利便性は、大きく飛躍する。段階的な導入が、今、正に進められようとしている。

IT

グローバリゼーション

ソーシャル

ビジネスモデル

マーケティング

リーダーシップ

人事

分析手法

情報収集

戦略論

組織

経理・財務