EN

用語解説

ミッショングレード

ミッショングレード制度とは、求められる組織ミッションや、職責のレベルに応じて数段階のグレードを設け、その職務により人材をグレード管理する方法のことを指す。一般的に、職能資格制度に比べグレード数が少なく、個々のグレードの違いがより明確に強調されているケースが多い。報酬はミッショングレード制度に基づく基本給与+プロフィットシェアリング・業績賞与等に簡略化されており、会社が何に対して対価を払うのかが明快に示されている。
これまでの人事制度では、同じミッション(役割)を遂行する場合でも、社員の年齢などの要素によって給与が異なっていたが、ミッショングレード制度においては、同一グレードなら部門・役職・年齢が異なる場合でも、同一の処遇で評価されることとなるため、やる気・実力のある若年社員を登用する上で納得性の高い制度であるといえる。

IT

グローバリゼーション

ソーシャル

ビジネスモデル

マーケティング

リーダーシップ

人事

分析手法

情報収集

戦略論

組織

経理・財務