EN

用語解説

ワークアウト

ワークアウトとは、かつてGEのCEOであったジャック・ウェルチ氏が1988年に提起した概念であり、できる限り現場に近いところへ問題解決と業務改善をエンパワーメント(権限委譲)し、迅速かつ集中的に意思決定するためのプロセスのことを指す。
GEでは、1990年代に入ってこのワークアウトが日常化し、1992年にはチェンジ・アクセラレーション・プログラム(CAP)へと発展し、全社的な業務変革に取り組むための体系へと進化した。
具体的には、ある課題について豊富な経験と知識を持つメンバーが集まりチームをつくり、さまざまな方向に課題を展開しながら、課題解決のための行動計画を作成する。さらに、このチームは自らの行動計画の実行に加えて、計画が実行されたかを確認するためのフォローアップまでを実施する。こういった現場参画型のワークアウトは、問題解決という観点のみならず、自立した人材を育てるという人材育成の観点からも注目される仕組みであるといえる。

IT

グローバリゼーション

ソーシャル

ビジネスモデル

マーケティング

リーダーシップ

人事

分析手法

情報収集

戦略論

組織

経理・財務