EN

用語解説

アサーティブ・コミュニケーション

アサーティブコミュニケーションとは、受動的でも攻撃的でもなく、自分も相手も大切にした、誠実で率直で対等なコミュニケーションの方法論。リーダーというよりも、部下が上司に対して発揮するフォロワーシップとして重視すべきコミュニケーション。
もともとアサーティブという概念は、1970年代のアメリカの女性解放理論(ウーマンリブ)と人権擁護の思想をベースとして発展してきている。
私が私らしく生きることは基本的人権、という思想から、「第2の性」として、自分を「セカンド」においてきた女性たちが、自分のことは自分で決める、誰かのために生きるのではなく、自分自身のために生きる、ということを、意識的に選択し始めたことが始まりとされる。
しかし、権利は責任を伴うため、”責任なき自己主張”(わがまま)は、アサーティブ・コミュニケーションとはいえない。

IT

グローバリゼーション

ソーシャル

ビジネスモデル

マーケティング

リーダーシップ

人事

分析手法

情報収集

戦略論

組織

経理・財務