EN

用語解説

ミシガン研究

リッカートをリーダーとしてミシガン大学社会調査研究所が行なったリーダーシップの立証研究。1940年代プルデンシャル生命の監督者を対象に行なわれた生産性とリーダーシップタイプの関係性の実験が有名。結論は、以下の行動パターンをもった監督者の部門の生産性が高くなった。
 (1)部下との接触に多くの時間を使う
 (2)部下との接触時間の多くを部下の人間的要求や気持の理解のために使う
 (3)仕事に関する決定の際には、部下を参加させる
 (4)恣意的ではなく合理的な決定を行なう
 (5)部下に対して一般的監督を行なう(詳細な監督は行なわない)

IT

グローバリゼーション

ソーシャル

ビジネスモデル

マーケティング

リーダーシップ

人事

分析手法

情報収集

戦略論

組織

経理・財務