EN

用語解説

マーケティングの起源

近代マーケティングは、1900年ごろのアメリカで誕生。大量生産・大量消費の生産構造を円滑にさせる市場喚起の手法。1908年、アメリカのフォード社が、「T型フォード(タイプT)」を発売。世界で最初の大量生産の自動車。この時に、チャネル・プロモーション・市場調査によりT型フォードは大ヒットした。この時をもって近代マーケティングのはじまりという人もいる。 近代マーケティングが、日本にもたらされたのは、1955年。生産性本部のアメリカ視察旅行の帰国時の記者会見で、団長の石坂泰三氏(当時;東芝の社長)が、「これからの日本企業には、マーケティング必要である」と話したことがはじまりとされている。55年は、高度経済成長のスタート時であり、T型フォードの量産化の時代と時代背景が重なる。 経営の神様、ドラッカー氏は、「マーケティングの起源は、1650年代の日本〜江戸にある」といっている。三越の前身の前身の前身である越後屋呉服問屋が日本橋に出店。現金扱い・コンサルティングセールス・1:1マーケティング・在庫レス・チラシの配布・値札の設定・・・など画期的なマーケティング活動を行ったと言われている。

IT

グローバリゼーション

ソーシャル

ビジネスモデル

マーケティング

リーダーシップ

人事

分析手法

情報収集

戦略論

組織

経理・財務