EN

用語解説

ストックオプション

ストックオプションとは、自社株を事前の決定価格で買える権利のこと。株主重視の制度のひとつであり、優秀な人材のモチベーションを高める手法ともいえる。アメリカ企業の経営者が受け取る報酬の約半分が、このストップオプションであるという。
ストックオプションの方式としては2種類あり、定款に定めがあり、正当な理由があるとき、取締役または使用人に新株引受権を与える「新株引受権方式」と、会社がストックオプション制度のために発行済み株式総数の10%以内の自己株式で取得する「トレジャリーストック方式」がある。日本でも97年の商法改正により上場企業を中心に導入が進められている。
しかし、最近、このストックオプションは、分が悪くなってきている。それは、株自体の価値が上がっていかない。下がってきていることと、金で人をモチベートさせることに限界を生んでいるからだ。
あるべきストックオプションは、さらなる進化が求められている。

IT

グローバリゼーション

ソーシャル

ビジネスモデル

マーケティング

リーダーシップ

人事

分析手法

情報収集

戦略論

組織

経理・財務