EN

用語解説

ラーニング・オーガニゼーション

全ての社員が継続的な学習により組織の問題発見と解決に関わり、組織全体
を継続的に向上させている組織。
ピーター・M・センゲ教授(マサチューセッツ工科大学)の著書「The Fifth Discipline」により広まった。
その実現手段として、次の5つのディシプリンを挙げている。
1.システム思考(systems thinking):構造的相互作用を把握する力
2.自己マスタリー(personal mastery):メンバー個々が自己を高める意志を持つ
3.メンタル・モデル(mental models):凝り固まったものの考え方を克服する
4.ビジョンの共有(shared vision):個人と組織のビジョンに整合性を持たせる
5.チーム学習(team learning):対話を行うスキルと場を養う

IT

グローバリゼーション

ソーシャル

ビジネスモデル

マーケティング

リーダーシップ

人事

分析手法

情報収集

戦略論

組織

経理・財務