EN

用語解説

シェアードサービス

特に間接部門など複数の組織(グループ会社)において共通的に実施されている業務を、個々の組織から切り離して集中・統合することで別会社として、グループ企業が共有してサービス提供を受けることで、経営の効率化を目指す経営手法。
専門性の向上、生産性向上、コスト削減などの効果が期待される。また、経営指標があいまいとなり、効率化のインセンティブが働きにくい間接部門を、独立企業としてプロフィットセンター化することにより、経営意識が高まるというメリットもある8。
主な対象部門は、人事・総務、経理・財務、、購買、情報システム、法務、広報などが多い。

IT

グローバリゼーション

ソーシャル

ビジネスモデル

マーケティング

リーダーシップ

人事

分析手法

情報収集

戦略論

組織

経理・財務