EN

用語解説

業務継続計画(BCP)

災害、危機など不測の事態の発生により、資産(社員・施設・機器など)が損傷を受けた際に、いかに通常業務を中断させず、また、中断した場合でも目標復旧時間内に回復することができるようバックアップ体制を整えたり、災害発生時の対応方法・組織を規定したもの。業務中断により、企業評価の低下、取引の他社への流出、マーケットシェアの低下、などを防ぐための経営戦略である。
新潟県中越地震、宮城県沖地震、などの自然災害時の教訓、米国同時多発テロ時において米国企業でBCPが有効であったことから、日本企業にも強く求められるようになった。

IT

グローバリゼーション

ソーシャル

ビジネスモデル

マーケティング

リーダーシップ

人事

分析手法

情報収集

戦略論

組織

経理・財務