EN

用語解説

社会起業家

社会起業家とは、社会における変革の担い手(チェンジメーカー)として、社会に存在する様々な解決が困難な課題に挑み、事業を起こすことにより解決する人を表す。「社会的企業家(ソーシャルアントレプレナー)」と同義で表わされる。現代の、代名詞的存在は、2006年にノーベル賞を受賞した「グラミン銀行」の創設者であるムハマド・ユヌス。今日では、非営利団体、非政府組織、基金、政府、個人が、世界中の社会起業家に出資や助言を行っている。米国にある大学を中心とし社会起業家の教育・養成を目的とするプログラムを創設するようになっている。

IT

グローバリゼーション

ソーシャル

ビジネスモデル

マーケティング

リーダーシップ

人事

分析手法

情報収集

戦略論

組織

経理・財務