EN

用語解説

コア・コンピタンス

1990年代の前半から使われはじめた経営用語。プラハラード氏&ハメル氏らによる提言。顧客の利益をもたらす自社内にある競争優位性のある能力・スキルをいう。簡単にいうと強みをブレークダウンさせたもの。大企業では、20〜30程度。中堅企業では、10前後。中小企業やベンチャー企業では、1〜3程度。戦略策定には、このコア・コンピタンスが重要な意味をもつ。

IT

グローバリゼーション

ソーシャル

ビジネスモデル

マーケティング

リーダーシップ

人事

分析手法

情報収集

戦略論

組織

経理・財務