EN

用語解説

クラウゼヴィッツの戦略論

クラウゼヴィッツは、1780年にプロシアで生まれ、ナポレオン戦争に出征。イエナの会戦で捕虜となり、1年間フランスに抑留された。このときに「戦争論」の構想ができあがった。
「戦争論」は、戦争の大きな考え方と現場での戦闘論が統合されている。戦略とは戦争の目的に則して個々の戦闘を統制するもの。戦術とは、個々の戦闘を個々の配慮で遂行することである。戦術の目的は勝利であり、戦略の目的は直接講和をもたらす状況の構築である。
戦争は、戦略・戦術・ロジスティクスの三位一体が要である。兵力が同等なら精神力が勝敗を決定する。戦争計画では、政治と戦略が一致することが原則である。

IT

グローバリゼーション

ソーシャル

ビジネスモデル

マーケティング

リーダーシップ

人事

分析手法

情報収集

戦略論

組織

経理・財務