企業情報

HRIウェイ

ウェイとは、「その企業らしい人・組織の動き方、動かし方」。ウェイのある組織はそこに集うメンバーの思いを結集し、力を統合することで、長期的な価値創造を実現することができると考えます。私たちは単なるソリューションの提供を超えた、クライアントの持つ「らしさ」を軸にウェイ創造を実現する「ウェイ・コンサルティング」の実践にこだわり続けます。

上位:理念

  • 主体性を挽き出す。自分のため、人のため、人々のため。

    自らが考え、自らが想い、自らが行動する「主体性」こそ最も大切な価値観だとし、その主体性を挽き出す(じっくりと滲み出させていただく)ことを支えること自体を私たちの役割としています。その上で、多くの方が、自分のためを超えて、周りの方々、さらに多くの人々のために生きることを実践していただけることを願って、応援していこうとするのが私たちのミッションです。

中位:組織としての価値観

  • シェアリング

    営利企業としてのサステナビリティ(継続性)は維持しながら、利益と社会性のバランスを取ってソーシャル活動をし、地球上の持たざる人たちと、幸運にも持っている私たちが持っているものをシェアする。これがシェアリングの考えです。

  • 自立&自律

    私たちの会社では全員が営業活動を行っています。これをA&I=Autonomy(自律)&Independence(自立)活動と呼んで大切にしています。上から降ってくる仕事をこなすのではなく、自らお客様のところに出向きご要望をお聴きし、仕事を創ります。

  • 共育(UP&UP)

    私どもの人財育成の考え方は「共育(UP&UP)」です。教えられて育つ「教育」ではなく、個々人の主体性を重んじながらメンバーと共に育む「共育」です。

下位:個人としての行動基準

  • 徹底した相手軸

    コミュニケーション、仕事のやり方において、常に相手の立場にたって行動することです。人はともすれば、自分を主に考えがちです。「相手」を主に考えるそれが相手軸です。

  • ランドセルサイクル

    私たちHRインスティテュートのメンバーの「プロ」としての仕事の進め方の基本姿勢を表す言葉で、常に前倒しで仕事を進めていくことを意味しています。

  • 小さなところに神は宿る

    私たちは普段から「自分達の企業遺伝子」という単位で互いの行動を見つめ合います。「小さいところ」への気配りと行動を大切にし、相手の立場に立ったコミュニケーションを心がけます。

  • 毎日が千秋楽

    舞台役者は何百回も同じ内容を異なる客のために演じます。私たちも年間1万人以上の方にお会いしていますが、同じ内容のことを伝えることも多々あります。

  • たゆまぬ自己進化

    報告を受けたメンバーは、自分の事のように喜び、讃辞を送ります。褒められた本人はもちろんモチベーションが上がりますが、褒めた方も、「自分ももっとがんばるぞ!」とモチベーションが上がります。