EN

オンライン版 異文化コミュニケーション

身につくスキル・効果
  • 出身国の違いによる価値観や文化の違いを具体的に理解する
  • 価値観の違いをもとにしたコミュニケーションの留意点を学ぶ。
  • 業務シーンをもとに「よくあるコミュニケーションギャップ」をとりあげどう解決するのかを実践する

プログラムの特長

スムースに業務を進めるために、「コミュニケーション」は土台になるものです。コミュニケーションスタイルにはその人の思考、価値観が大きく影響します。思考、価値観はとくに海外で仕事をするうえでは、日ごろのコミュニケーションとは大きく異なる場面が多々あります。
互いに気持ちのいいコミュニケーションを心掛け、チームとしてのパフォーマンスを高めるための最適なコミュニケーションスキルを具体的に学びましょう。

プログラムの進め方

3時間バージョン(事前動画視聴あり)
  • 1.異文化コミュニケーションでの心構え・異文化コミュニケーション~ケースから考える
    ・カルチャーコンパスとカルチャーマップ
    ・8つの指標で主要国を理解する
  • 2.シーンで学ぶコミュニケーションの違い・あなたならどうする?
  • 3.まとめ・質疑応答
1日バージョン
  • 1.異文化での体験共有・いやな(残念な)経験 → なぜ?どうして?
    ・よい(うれしい)経験 → なにが?どんなふうに?
  • 2.各国(西洋、東洋)の特徴・異文化コミュニケーション~ケースから考える
    ・カルチャーコンパスとカルチャーマップ
    ・8つの指標で主要国を理解する

  • 3.日本人&日本企業の特徴・良い点(誇り、自慢できること)
    ・改良すべき点 → なぜそうなのか、本質を考える
  • 4.異文化へのチャレンジプラン・英語力(語学力)より論理語力
    ・個人ワーク&グループ内共有
  • 5.まとめ・質疑応答

使用スライドイメージ

資料請求

ご相談はこちら