EN

オンライン版 ロジカルシンキング

身につくスキル・効果
  • ロジカルシンキングとは「相手にとってのわかりやすさを実現するプロセス」という意味を理解する。
  • 「相手の立場に立つ」「主体的に考える」などの、ロジカルシンキングの本質と必要性を理解する。
  • 周辺環境変化や今後の見通しを踏まえ、具体的かつ魅力的なビジョンを定量・定性両側面から設定します。
  • 他者との協働に活かせるロジカルシンキングとして、思考法およびツールの使い方を知り、実務での活かし方がイメージできている。

プログラムの特長

ビジネスパーソンとしての思考の土台となるロジカルシンキングとは、“正しさ”を追求する思考ではなく、“相手にとっての分かりやすさ”を実現する思考であるということを理解します。

ロジカルシンキングの考え方やツールの使い方を学ぶ上で、個人やグループでの演習を中心に取り組むことで、ビジネスの場面でロジカルシンキングを取り入れて使えるようになることを目指します。
(例:PREP話法で報告、ロジックツリーでの整理)

プログラムの進め方

3時間バージョン(事前動画視聴あり)
  • 1.ロジカルさとは?
  • 2.結論・根拠・事実を用意する (ピラミッド思考)【演習】○○は必要ですか?
  • 3.モレなく、ダブリなく全体像を押さえる(フレームワーク思考)【演習】○○の売り上げをフレームで分解する
  • 4.既成概念・固定観念を外して思考する(ゼロベース思考)【演習】鋼鉄の板に穴を開けたい
  • 振り返り
1日バージョン
  • 1.ロジカルシンキングとは・ビジネスのロジカルさとは分かりやすさ
    【演習】アパレルメーカーの経営方針を立てる
  • 2.分かりやすく伝えるピラミッド構造〜コミュニケーションで活用〜・ピラミッド構造とは論点・結論・根拠・事実を押さえる
    ・PREP話法
    ・ロジックを構築する2つのアプローチ
    【演習】アパレルメーカーの経営方針を立てる

  • 3.フレームワーク思考・フレームワークはMECEが原則
    【演習】フレームワークを考える
  • 4.ロジックツリーの理解〜問題解決時に活用〜・フレームワークの作り方
    【演習】〇〇の売れない理由を考える
    ・ロジックツリーのルール
  • 5.まとめ・質疑応答

使用スライドイメージ

資料請求

ご相談はこちら