EN

オンライン版 プレゼンテーション

身につくスキル・効果
  • 自身のプレゼンテーションにおける課題について向き合う機会の獲得
  • 相手の立場に立ったプレゼンテーション実践力
  • 言語・非言語メッセージを用いた、メッセージをわかりやすく伝える話し方(デリバリー・スキル)
  • 伝えたいメッセージを明確にし、相手に伝わりやすい話の構成をつくる力(シナリオ・スキル)

プログラムの特長

プレゼンテーションの主役は聴き手であることを理解し、相手の納得を引き出し、相手に決断と実行を促すためのプレゼンテーションのスキルを学びます。
研修開始直後にプレゼンテーションを行い、その様子をレコーディングします。後ほど、自身のプレゼンを動画で確認することを通じて、克服すべき課題と向き合います。言語・非言語メッセーを用いたわかりやすい話し方と、相手に伝わりやすい話の構成のつくり方を学んだ後、総仕上げとして、最終プレゼンテーションを行います。

プログラムの進め方

3時間バージョン(事前動画視聴あり)
  • 1.プレゼンテーションとは?・プレゼンテーションの構成要素、3つのスキル
  • 2.わかりやすく伝える「デリバリー・スキル」・言語・非言語メッセージ、言葉のヒゲ退治
  • 3.相手が納得する構成づくり「シナリオ・スキル」・シナリオづくりの基本「構造化」、シナリオづくりの5つのステップ
  • 4.総合演習
1日バージョン
  • 1.動画撮影
  • 2.プレゼンテーションとは?・プレゼンテーションの構成要素、3つのスキル
  • 3.わかりやすく伝える「デリバリー・スキル」・言語・非言語メッセージ
    ・【演習】言葉のヒゲ退治
    ・自己紹介動画振り返り

  • 4.相手が納得する構成づくり 「シナリオ・スキル」・シナリオづくりの基本「構造化」
    ・シナリオづくりの5つのステップ
    ・効果的な表現のポイント
  • 5.総合演習&フィードバック

使用スライドイメージ

資料請求

ご相談はこちら