EN
コンサルティングプログラム Webライブワークアウト

人材マネジメント変革ワークアウト

プログラムの特長

求められる背景

  • グローバル競争が激化する中、デジタル化の進展などと相俟って、日本企業はいま大きな転換期を迎えている。
  • 少子高齢化に伴う人手不足やそれを補うための生産性の向上は喫緊の課題となっており、そのために競争力の源泉である人材を十分に活かすことがこれまで以上に重要になってきます。
  • これまでに築き上げてきた日本型人材マネジメントのアップデートが、いま求められているのです

具体的に何をアウトプットするか

  • 現状の人材マネジメントのメリットとデメリット
  • いまの経営を取り巻く環境変化を踏まえた上でのあるべき(ありたい)人材マネジメントの姿
  • 上記①②を踏まえた上での今後の取り組みの優先順位を明確にします。

ワークアウトの進め方(プログラム)

標準期間:1日×4回/3カ月~ または 半日×8回/3か月~(事前課題あり)

  取組内容 アウトプット 次回までの課題
1回目 キックオフ
わが社を取り巻く環境変化
わが社の経営ならび人材マネジメントを取り巻く環境整理 現状の人材マネジメントのメリット・デメリットの分析
2回目 現状の人材マネジメントの分析 現状の人材マネジメントの全体像の整理 人材マネジメント
ベストプラクティス分析
3回目 ベストプラクティス分析
あるべき人材マネジメントの姿
今後の自社の姿を検討する上で
参考になる最適な実践例 今後のあるべき人材マネジメントの姿の仮説出し
4回目 第3回の続き
今後の優先順位づけ
今後の人材マネジメントの在りたい姿とロードマップ ロードマップの具体化と展開

使用スライドイメージ

資料請求

ご相談はこちら