EN
コンサルティングプログラム Webライブワークアウト

チームビルディング向上ワークアウト

プログラムの特長

求められる背景

オンライン上のコミュニケーションが浸透する中、社内外の線引きを問わずステークホルダーとのオンライン上のコミュニケーションを通じたチームビルディングが必須です!

具体的に何をアウトプットするか

組織テーマ、事業テーマに関わる実務についての“見える化”された構造的なチームの考え方、また、オフサイトミーティングに類似するような一人ひとりの気持、考え方、音声議事録などがアウトプットされる。

メソドロジー&技術オリエンティッドの捉え方

ICTを活用したコミュニケーションによるUIの制約条件とチャット、投票機能などに代表されるUXの可能性やデータ・マインニングによるチームのインサイトに迫る仕組みを理解する。リアルな世界よりもテクノロジーを用いて、チームメンバーの「理「と情」に迫る。リアルなコミュニケーション・ビルディングの「聴く、整える、伝える、みる」に加えて「みせる」が重要な要素のひとつになることを理解する。

ワークアウトの進め方(プログラム)

標準期間:1日×4回/3カ月~ または 半日×8回/3か月~(事前課題あり)

  取組内容 アウトプット 次回までの課題
1回目 「聴く、整える、伝える、みる」
コミュニケーション・ビルディングの基本 オンラインにおける自らの映像(=動画撮影)
テキスト議事録の結果 個人の嗜好、
過去に検討したキャリアパス
2回目 コミュニケー0ションビルディングにおける「理と情」の「見せ方」 こころを見せるためのビジュアル
(各受講者) 組織テーマ
チームテーマに対する自分なりの考得方
3回目 構造化させた考え方に対する重なりのコミュニケーション・ビルディングの方法を身に付ける 組織テーマに対する無記名投票のアウトプット、等
(メンバーの本音に近いきもちなどを捉える) 最終テーマ(≒事業テーマ)に対する自らの考え方
4回目 最終発表&ディスカッション 最終テーマに対するメンバーの音声議事録、チャット、本音の捉え方  

使用スライドイメージ

資料請求

ご相談はこちら