EN
コンサルティングプログラム Webライブワークアウト

ミッション・ビジョン・戦略策定ワークアウト

プログラムの特長

求められる背景

  • 世の中が大きく変化する中において、手段を目的化するのではなく、原理原則に立ち返ることで、組織や事業の目的を捉えなおすことが必要とされます。
  • そもそも自社や自事業は何のために存在し、誰にどのような価値をもたらすことが必要とされているのか。そのような問いを立て直すことで、既存の事業の範囲では見えなかった新たな方向性、戦略、手段やアプローチを見出すことができるようになります。

具体的に何をアウトプットするか

  • 自社、自事業の「ミッション」「ビジョン」「戦略」を策定します。
  • ミッションとは「他者から託された役割」。その視点から誰の何に貢献するかということをミッションステートメントとして言語化します。
  • 周辺環境変化や今後の見通しを踏まえ、具体的かつ魅力的なビジョンを定量・定性両側面から設定します。
  • ミッションを軸に、ビジョンを達成するための具体的なシナリオを戦略として策定し、今後の道標とします。

ワークアウトの進め方(プログラム)

標準期間:1日×4回/3カ月~ または 半日×8回/3か月~(事前課題あり)

  取組内容 アウトプット 次回までの課題
1回目 ミッションとは?
自社の役割とは?
ミッションステートメント(誰の何に貢献するか) ミッションを軸とした場合の、時間ごとの通過点を明確にする
2回目 ビジョンとは?
環境変化から紐解く
環境分析、定量目標、定性目標 環境分析の精緻化と、目標の再検証
戦略仮説の立案
3回目 戦略とは?
ミッションを軸に戦略を描く
基本戦略、個別戦略、アクションプラン 戦略の具体化、周囲の巻き込み
施策への落とし込み。
4回目 戦略の実行に向けた具体策の立案 ステークホルダーを巻き込むための具体的なシナリオ ステークホルダーへの説明とアクションプランの実行

使用スライドイメージ

資料請求

ご相談はこちら