EN
コンサルティングプログラム Webライブワークアウト

働き方改革ワークアウト

プログラムの特長

求められる背景

  • かつてないスピードで激化するグローバル競争。未来を読むことが難しい時代にこうした競争に勝ち抜くために、生産性の向上が喫緊の課題となっています。
  • 少子高齢化に伴う人材不足を補う意味やコンプライアンス的な意味合いからも、労働時間短縮のための「働き方」、多様化するニーズに対応する「働きやすさ」、社員のエンゲージメントを高める「働き甲斐」の各々観点から実態を見直す必要があるのです。

具体的に何をアウトプットするか

  • 労働時間短縮のための「働き方」の見直し
  • 多様化する社員の価値観、ニーズに対応するための「働きやすさ」の見直し
  • 社員のエンゲージメントを高めるための「働き甲斐」の見直し

の3つについての仮説を整理していきます。

また、必要に応じて社員の方々に対するアンケートなども実施することができます。

ワークアウトの進め方(プログラム)

標準期間:1日×4回/3カ月~ または 半日×8回/3か月~(事前課題あり)

  取組内容 アウトプット 次回までの課題
1回目 キックオフ
働き方改革の背景とわが社の取り組み整理
「働き方改革」に関するこれまでの取り組みの全体像の整理 わが社の「働き方」に関する現状分析
2回目 「働き方」の見直し 「働き方」の現状分析を踏まえた課題設定 わが社の「働きやすさ」の課題検証
3回目 「働きやすさ」」の見直し 「働きやすさ」の課題を軸とした
具体的なアクションプラン わが社の「働き甲斐」を高めるアクションプランの具体化
4回目 「働き甲斐」の構築 「働き甲斐」の向上に向けた具体的な取り組み、スケジュール 定期的な検証

使用スライドイメージ

資料請求

ご相談はこちら