EN
コンサルティングプログラム 組織活性/生産性向上

【ストレングスワークショップ】無理なく一人ひとりが強みを活かし成長する組織へ

こんな課題をお持ちの方にオススメ!
  • そもそも自分の強みが何かわからない

  • 自身の強みを活かした仕事の仕方やキャリアについて考えたい

  • 管理職としてチームメンバーのエンゲージメントを高めたい

強みを活かすワークショップ

  • 対象者

    一般社員・中堅~管理職層

  • 実施日数

    半日(3-4時間)~ 2日

  • 適正人数

    10-20名程度

  • 実施可能人数

    24名(1開催あたり)

  • 英語実施

    不可

プログラムの特長

 

1.強み(ストレングス)について理解する

強み=才能×投資。才能(本来の考え方、感じ方、行動のパターン)に投資(訓練など)をすることで強みに変えていくことができると定義されています。Gallup社のクリフトンストレングスは、約45分のオンラインテストで177問の質問に答えることにより一人ひとりの才能を測定し、それらを34の資質に分類します。その結果をレポートでダウンロードすることが可能です※。上位資質であるTOP5(1位~5位)が全く同じ順番になる確率は3400万人に1人とも言われており、資質の組み合わせがその人らしさと言われます。(※参加にあたって、可能であれば事前にご自身でのクリフトンストレングス受検をオススメします。)

 

 2.自分自身の強みを活かす(理解・受容・活用)

「ワクワクした瞬間は?」と聞かれると皆さんどのようなことを思い浮かべますでしょうか。もしくは「充実していた時」、「楽しんでいること」の方がピンとくる方もいらっしゃるかもしれません。実はこのような体験にこそ、一人ひとりが持っている強みを自然と(無意識のうちに)使っているかもしれません。成功への鍵は、日々の中で皆さんの強みを活用することです。「”強み”は”弱み”となり得るか?」「強みを活用するには?」などについて議論し深めます。

 

3.チームメンバーの強みを理解する

チームグリッド(組織を”1人の人間”とみなした場合の強み一覧)によりチームの強みを可視化することができます。これに基づきのチームの特徴や気を付けるべき点は?」などについても議論し深めます。また、リーダー・管理職向けには「メンバーの強みを活かすためにどの様な声がけが必要か?」など強みに基づくコミュニケーションによる組織のエンゲージメント向上策などを学びます。

 
 

●講義スライドイメージ

タイムスケジュール

  • AM

    PM

  • Day1

    1.強み(ストレングス)について理解する
      ・【ワーク】成功体験の共有
      ・成功への鍵の理解
      ・強みに基づいた能力開発
      ・強みとは?
    2.自分自身の強みを活かす(理解・受容・活用)
      ・自分自身の才能について理解する
      ・【ワーク】資質レポートの理解を深める
      ・【ワーク】強みを活かす

    3.チームメンバーの強みを理解する
      ・【ワーク】チームの強みの特徴と盲点は?
      ・【ワーク】自身・チームの行動宣言

プログラムの成果

一人ひとりが自分の強みを活かして働くことの重要性は益々高まっています。強みを活かす人で、「生産性」や「生活の質」が高いとも言われます。自身の強みを客観的なレポートで知り、業務やキャリア開発で活かす。それだけではなく、組織全体で強みを活用することでエンゲージメント向上だけではなく成果を持続的に出せる組織への変革につなげます。管理職としては、メンバー一人ひとりの強みに基づいた声掛けをすることで変革を後押しできます。本プログラムでは、一人ひとりの強みを客観的に認識することで、個人・チームの変革を目指します。

プログラム概要

  • テーマ

    強みを活かすワークショップ

  • 主な対象者

    一般社員・中堅~管理職層

  • 開催期間

    半日(3-4時間)~ 2日

  • 標準定員

    20名程度

  • テーマ

    強みを活かすワークショップ

  • 主な対象者

    一般社員・中堅~管理職層

  • 開催期間

    半日(3-4時間)~ 2日

  • 標準定員

    20名程度

ご相談はこちら