EN

プレゼンにおけるボディランゲージはプレゼンター自身にもメリットをもたらす

2015/11/11
 筆者:染谷 文香
 
プレゼンテーション研修で、受講者の方から「人前に出ると緊張して頭の中が真っ白になってしまいます」という声をよくお聞きします。

 

人は緊張することで、考えていたシナリオは飛んでしまい声は震え、不自然な動きまで出てきてしまいます。
緊張を和らげるために、「掌に“人”を3回書いて飲み込む」という動作をする人もいますが、それは一種、ある動作によって自分の意識をコントロールするものです。

 

社会学者のエイミー・カディ氏は
「ボディランゲージによって人の意識を変えることができる」
と結論づけています。

 

ボディランゲージは非言語メッセージとして、言語だけではない効果的なメッセージを他者に伝えることができます。
しかしそれは他者にだけでなく、自分自身へのメッセージにもなるのです。
ボディランゲージによって影響されるのは他者だけでなく、自分自身もなのです。

 

理由を説明しましょう。

 

人前に立つ時、2つの重要なホルモンが影響を及ぼしています。
1つは支配性のホルモンであるテストステロンとストレスのホルモンであるコルチゾールです。コルチゾールが高くなると緊張しやすくなるのだ。自分でホルモンをコントロールすることは難しいですが実はパワーポージング(自信があるようなポーズ)を意識的にすることによって、テストステロンを高め、コルチゾールを下げることが出来るというのが、カディ氏の研究結果です。

 

したがって、私はプレゼンテーションの際に自分を大きく見せるようなジェスチャーを受講者にしてもらうことにしています。姿勢を整え、目線を落とさず、しっかりとアイコンタクトし、そして体からはみ出るぐらいの大きいジェスチャーをしてもらいます。

 

すると、声がどうしても出せなかった人達が声をはって伝えることが出来るようになり格段にプレゼン力が向上するのです。

 

意識を無意識にするまで繰り返しやる。
これが緊張を克服する方法であると考えます。

おすすめコンサルタント

  • 染谷 文香

    チーフコンサルタント

    ひとり一人が考え、シェアし共に価値をつくる

おすすめコンサルタント

  • 染谷 文香

    チーフコンサルタント

    ひとり一人が考え、シェアし共に価値をつくる

ニュース

  • 2020/9/25
    メディア掲載情報

    PHPオンライン衆知に記事が掲載されました
    部下が言うことを聞かない…上司が見直すべき「3つの習慣」

  • 2020/9/24
    お知らせ

    PHPオンライン衆知に記事が掲載されました
    「自前の社員だけの企業」と「外部人材を活用する企業」
    …リスクが大きいのはどちらか?

  • 2020/9/8
    セミナー・研修

    HRサミット2020ONLINEの動画をご覧いただき、ありがとうございます

  • 2020/9/4
    お知らせ

    PHPオンライン衆知に記事が掲載されました
     「ピラミッド型」企業が時代から取り残されつつある現実

  • 2020/9/1
    お知らせ

    弊社新刊を「日本人材ニュース」の“著者が語る”コーナーで紹介いただきました

  • 2020/9/1
    セミナー・研修

    ※満員御礼・募集を締め切りました
    【オンライン開催】第25回ビジョンハウス倶楽部セミナー開催のご案内
    <竹下 佳江 氏 × 原田 英治 氏 トークセッション >
     スポーツから学ぶチームづくり
     ~1人ひとりの個性が発揮されるチームになるために~

  • 2020/8/25
    セミナー・研修

    9月10日(木)【体験会/無料】オンライン研修実施のノウハウご紹介セミナー

  • 2020/7/22
    セミナー・研修

    【オンラインイベント】
    新刊「人材マネジメントの基本」出版記念ウェビナーを開催します
    “個と組織を活性化する” 関係性重視のマネジメント

  • 2020/7/17
    お知らせ

    働き方のニューノーマルへの対応も解説する
    「この1冊ですべてわかる 人材マネジメントの基本」
    日本実業出版社より、7月16日に発刊

  • 2020/7/10
    ウェイ活動

    ビジョンハウス研修レポート
    面白法人カヤック 代表取締役CEO 柳澤大輔様

お問い合わせ