EN

社内の人財が担当できる領域を増やすことは生産性向上および社内人材の有効活用の観点からも有益です。

これまでの企業内人財育成は、社内の専門的な知識や規則に関しては社内人材が講師となり教育を実施し、経営にまつわる専門的やマネージャーに求められる考え方、ビジネススキルなどは社外の講師に依頼をする、ということが一般的でした。今後もそうした主流は変わらないと考えていますが、一方で社内の人財が担当できる領域を増やす(いわゆる内製化を進める)ことは生産性向上および社内人材の有効活用の観点からも有益であると私たちは考えています。

受講生が学びやすく、効果の上がる内容にするために、私たちHRIがこれまでに培ってきたノウハウをもとに内製化のご支援をさせていただきます。

受講者が学びやすく、効果のあがる内容にするための教え方にはコツがあり、資料や教材の作成などにも手間が生じます。そこで私たちHRIがこれまでに培ってきたノウハウをもとに内製化のご支援をさせていただきます。基本的なスキルや考え方の教育の内製化を進めることにより、従来、教育にかけていたリソースをシフトし、より社外に依頼をする内容を専門的な内容にすることも可能になります。また教えることは学ぶことにつながるため、社内で完結できる教育の文化をつくることは社内の活性化、学びあう文化を醸成する上でも効果的です。

おすすめプログラム

  • 社内インストラクター育成支援

    社内講師の育成で、社内の教育効果を最大化します

おすすめコンサルタント

  • 三坂 健 (Ken Misaka)

    シニアコンサルタント

    仕事を創る人をつくる

  • 酒井 瑛司 (Eiji Sakai)

    コンサルタント

    昨日までの自分を追い抜き続ける。

  • 江草 嘉和(Yoshikazu Egusa)

    コンサルタント

    「我々が何者であるか」は、我々が決める

  • 社内インストラクター育成支援

    社内講師の育成で、社内の教育効果を最大化します

  • 三坂 健 (Ken Misaka)

    シニアコンサルタント

    仕事を創る人をつくる

  • 酒井 瑛司 (Eiji Sakai)

    コンサルタント

    昨日までの自分を追い抜き続ける。

  • 江草 嘉和(Yoshikazu Egusa)

    コンサルタント

    「我々が何者であるか」は、我々が決める

プログラム一覧

  • 社内インストラクター育成支援

    社内講師の育成で、社内の教育効果を最大化します

  • オリジナル教育コンテンツ開発

    オリジナル教育コンテンツで学びの定着化を狙います