EN

ネパール記録 2日目 – 性被害者施設RAKSYANEPAL –

2018/4/10

性被害者施設~RAKSYA NEPALの明日へ向かう明るさ

その日の午後、私達は「性被害者の方の施設」を運営されている方のお話、そして、被害者の方の施設をRAKSYA NEPALを訪問しました。

迎えてくれたのは、校長のサビタ先生。なんと私と同じ31歳の若さ!

黄緑色のシャツを着てらっしゃるのがメヌカさん

まず、最初に、設立者のメヌカさんの話を聞きます。
彼女は母親のお腹に居る際に、父親が死去。そのため、お母さまが「誰の子だ?」と責められる事態となり、精神的に病んでしまい、早くに亡くなったそうです。

その後親戚を転々としますが、いつしかストリートチルドレンで物乞いをして暮らして行くようになります。

が、彼女は本当に努力家かのでしょう。そこから、歌手として仕事を得て、ショービジネスの世界に入っていきます。

しかし、ネパールのショービジネスの世界は、性産業と結びついていました。歌手やダンサーは、その後、一夜の商品として売買されることが多かったのです。

彼女がRAKSYA NEPALを立ち上げたのは、彼女が21歳の時。2004年からで、最初はその仲間たちと、でした。

現在、施設は10都市にあり、18歳以上の2350人と18歳以下の475人の助けになった実績があります。2015年ゴルカの地震の後、被害者が増えた、と言います。そして現在は家族からの被害を受け、施設に入っている子供が多いとのこと。

HRIメンバー全員、そういう方たちに状況を聞いて接したことが無いので、緊張しながらお伺いしたところ。。。。

出迎えてくれたのは明るい歌と歓迎のセレモニーでした。
全員の明るいスピーチと、踊りの発表。

びっくりしました。

笑顔溢れる歓迎セレモニー

RAKSYAネパールは、心をいやすプログラムの一環として、ダンスや歌などを取り入れて、明るい目標を持たせているそうなのです。そして、お客様があった時などに、披露する。そのメンバーに選ばれるか、などでも全員のモチベーションになっているそうです。

そんな彼女たちは「医者になりたい」「弁護士になりたい」と夢を語ってくれました。

性産業に対してのインパクトがあるため、この団体と立ち上げるための書類提出だけで1年かかったそうです。本来であれば、1日で終わる作業にも関わらず。

そんな中で、メヌカさんとRAKSYAネパールは戦っていました。

辛い目に遭っても、明るく振舞うことは出来る。明るい未来を描くことは出来る、とむしろ教えられた、と感じています。



ニュース

  • 2019/9/17
    お知らせ

    KADOKAWAビジネスパーソン向けサイト”Study Walker” にて連載開始!

  • 2019/9/13
    セミナー・研修

    無料セミナー【プログラムバスケット】を2019年10月11日(金)に開催!

  • 2019/9/3
    ウェイ活動

    ビジョンハウス研修レポート
    「社会問題を解決する『社会起業家』を生み出すボーダレスグループ」

  • 2019/8/29
    事例紹介

    「人間は、一生勉強」進化しつづける学びの場
    ——株式会社鳥貴族様

  • 2019/8/8
    ソーシャル活動

    2019年6月8日(土)第24回ビジョンハウス倶楽部セミナー
    「介護を自分の人生の一部として肯定するために」

  • 2019/7/25
    ウェイ活動

    ビジョンハウス研修レポート
    「幸福学」

  • 2019/7/24
    プレスリリース

    家庭でも職場でも限られた時間で成果を出す、 育休ママたちの復職に向けた「交渉術」講座を託児付きで開催しました

  • 2019/7/17
    ウェイ活動

    ビジョンハウス研修レポート
    「仕事と介護の両立をゲームで体験し、自分ごとにする」

  • 2019/7/12
    メディア掲載情報

    「PHPオンライン衆知」にて
    弊社シニアコンサルタント国友秀基による記事を掲載いただきました

  • 2019/5/27
    メディア掲載情報

    「プレジデントオンライン」に記事を掲載いただきました