EN

ゼロベース思考が無限の可能性を挽き出す

2015/5/25
 筆者:虎谷 秀信
 
HRインスティテュートが提唱するロジカルシンキングでは、基本として「ゼロベース思考」を重視しています。 ゼロベース思考とは、一言でいうと「思い込みを取り除くこと」

 

思い込みは、ものごとの解釈に大きな影響を与えます。 その一例が「バイアス」と「ヒューリスティック」です。

 

心理学者ウェイソンの研究に、次のような問題があります。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 一方の面に文字が、別の面に数字が書かれたカードが4枚ある。

 

E K 4 7

 

さて、「もし、あるカードの片面に母音が書かれているならば、 別の面には偶数が書かれている」という規則が成り立っているか 確かめるには、どのカードを裏返す必要があるだろうか。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 
 

皆さんは何を選びますか? ウェイソンの実験では「Eと4」を選んだ人が46%、「E」が33%、「Eと4と7」が7%、「Eと7」が4%、その他が10%でした。

 

正解は「Eと7」。

 

この結果から、ウェイソンは、「人は仮説を確かめる際に、仮説に反する 証拠を探そうとせず、仮説を指示する証拠だけを探す傾向がある」という命題を立て、「確証バイアス(confirmation bias)」と名付けました。 バイアスには、他に「信念バイアス」(自分の信念に合致することを正しいと感じる)、「感情バイアス」(心地よい感覚をもたらすことを信じたがる)などがあります。 一方、ヒューリスティックとは「必ず正解が得られるわけではないが、それに近い解が得られると信じている方法」のことで、私たちの日常の思考の中に「経験則」として根付いています。 有名なのは「代表性ヒューリスティック」(確率を考える時に典型例に置き換える)、「利用可能性ヒューリスティック」(想起しやすい事柄を優先する)です。

 

このような思い込みは、同じ環境に居続ける人や企業においては、特に問題発見や問題解決を妨げる大きな要因になります。 私たちコンサルタントには、自分では気づくことができない人や企業の思い込みを取り除いてあげる役割があります。

 

人の可能性は無限です。 その可能性に限界を作っているのが、その人本人だとしたら、勿体ないこと、この上ありません。

 

ゼロベースで考えれば、できないことを見つける方が難しいのですから。

おすすめコンサルタント

  • 虎谷 秀信

    コンサルタント

    個人・企業の「したい(Will)」を「できる(Can)」に変えます。

おすすめコンサルタント

  • 虎谷 秀信

    コンサルタント

    個人・企業の「したい(Will)」を「できる(Can)」に変えます。

ニュース

  • 2019/3/8
    セミナー・研修

    2019年3月6日 プログラムバスケット 開催しました!

  • 2019/2/21
    セミナー・研修

    弊社シニアコンサルタント三坂が担当する「次世代リーダー育成」セミナーを開催しました!

  • 2019/2/15
    セミナー・研修

    無料セミナー【プログラムバスケット】を2019年3月6日(水)に開催!
    通常の2倍、14プログラムを一気にご紹介いたします

  • 2019/2/15
    お知らせ

    株式会社リクルートマネジメントソリューションズ3時間公開コースで第一回MVC(Most Valuable Course)賞を頂きました

  • 2019/2/12
    お知らせ

    育児と仕事の両立を助けるスキルをコンサルタントが伝授
    復職予定ママ向け「ロジカルシンキング実践講座」を開催
    北区十条で全5回(2019年1月〜3月)の連続講座を実施

  • 2019/2/6
    セミナー・研修

    2019年2月5日(火)プログラムバスケットを開催しました

  • 2019/1/31
    事例紹介

    次世代を担う学生たちにビジネススキルを
    ——学校法人梅村学園 中京大学様

  • 2019/1/30
    プレスリリース

    新機軸の次世代リーダー育成集中講座を都内で開催
    会社の枠を越え戦略的思考を鍛える「他流試合プログラム」
    大手自動車メーカーなど6社16人が参加。次回は夏〜秋頃の開催を予定

  • 2019/1/29
    プレスリリース

    中国・上海 BBT大学院&BOND-BBT MBA特別公開講座のお知らせ

  • 2019/1/24
    お知らせ

    「PHPオンライン衆知」連載第2回目 掲載