EN

ゼロベース思考が無限の可能性を挽き出す

2015/5/25
 筆者:虎谷 秀信
 
HRインスティテュートが提唱するロジカルシンキングでは、基本として「ゼロベース思考」を重視しています。 ゼロベース思考とは、一言でいうと「思い込みを取り除くこと」

 

思い込みは、ものごとの解釈に大きな影響を与えます。 その一例が「バイアス」と「ヒューリスティック」です。

 

心理学者ウェイソンの研究に、次のような問題があります。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 一方の面に文字が、別の面に数字が書かれたカードが4枚ある。

 

E K 4 7

 

さて、「もし、あるカードの片面に母音が書かれているならば、 別の面には偶数が書かれている」という規則が成り立っているか 確かめるには、どのカードを裏返す必要があるだろうか。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 
 

皆さんは何を選びますか? ウェイソンの実験では「Eと4」を選んだ人が46%、「E」が33%、「Eと4と7」が7%、「Eと7」が4%、その他が10%でした。

 

正解は「Eと7」。

 

この結果から、ウェイソンは、「人は仮説を確かめる際に、仮説に反する 証拠を探そうとせず、仮説を指示する証拠だけを探す傾向がある」という命題を立て、「確証バイアス(confirmation bias)」と名付けました。 バイアスには、他に「信念バイアス」(自分の信念に合致することを正しいと感じる)、「感情バイアス」(心地よい感覚をもたらすことを信じたがる)などがあります。 一方、ヒューリスティックとは「必ず正解が得られるわけではないが、それに近い解が得られると信じている方法」のことで、私たちの日常の思考の中に「経験則」として根付いています。 有名なのは「代表性ヒューリスティック」(確率を考える時に典型例に置き換える)、「利用可能性ヒューリスティック」(想起しやすい事柄を優先する)です。

 

このような思い込みは、同じ環境に居続ける人や企業においては、特に問題発見や問題解決を妨げる大きな要因になります。 私たちコンサルタントには、自分では気づくことができない人や企業の思い込みを取り除いてあげる役割があります。

 

人の可能性は無限です。 その可能性に限界を作っているのが、その人本人だとしたら、勿体ないこと、この上ありません。

 

ゼロベースで考えれば、できないことを見つける方が難しいのですから。

おすすめコンサルタント

  • 虎谷 秀信

    コンサルタント

    個人・企業の「したい(Will)」を「できる(Can)」に変えます。

おすすめコンサルタント

  • 虎谷 秀信

    コンサルタント

    個人・企業の「したい(Will)」を「できる(Can)」に変えます。

ニュース

  • 2019/8/8
    ソーシャル活動

    2019年6月8日(土)第24回ビジョンハウス倶楽部セミナー
    「介護を自分の人生の一部として肯定するために」

  • 2019/7/25
    ウェイ活動

    ビジョンハウス研修レポート
    「幸福学」

  • 2019/7/24
    プレスリリース

    家庭でも職場でも限られた時間で成果を出す、 育休ママたちの復職に向けた「交渉術」講座を託児付きで開催しました

  • 2019/7/17
    ウェイ活動

    ビジョンハウス研修レポート
    「仕事と介護の両立をゲームで体験し、自分ごとにする」

  • 2019/7/12
    メディア掲載情報

    「PHPオンライン衆知」にて
    弊社シニアコンサルタント国友秀基による記事を掲載いただきました

  • 2019/5/27
    メディア掲載情報

    「プレジデントオンライン」に記事を掲載いただきました

  • 2019/5/23
    お知らせ

    【新刊】
    「全員転職時代のポータブルスキル大全(KADOKAWA)」が5月24日に発売になります

  • 2019/5/22
    セミナー・研修

    無料セミナー【プログラムバスケット】を2019年6月19日(水)に開催!

  • 2019/5/16
    メディア掲載情報

    「PHPオンライン衆知」連載第4回目 掲載

  • 2019/5/7
    ソーシャル活動

    第24回 ビジョンハウス倶楽部セミナー
    「介護を自分の人生の一部として肯定するために」ご案内