EN

2019年2月5日(火)プログラムバスケットを開催しました

2019/2/6

 

 

 

弊社プログラムのご紹介セミナー 「プログラムバスケット」を2月5日(火)に開催いたしました。

 

 

今回は、初プログラムとして、弊社代表取締役社長 稲増美佳子による、

「ティール組織とリーダーシップ」プログラムをご紹介させていただきました。

 

 

当日は人気プログラム、常務取締役 染谷文香による

会議の効率をアップし、成果につなげるコンサルタントのファシリテーション技術」プログラム

から始まり、参加者の方には朝から実際のファシリテーターのような質問方法に挑戦していただいたり、

盛りだくさんの内容となっておりました。

 

 

こちらは「チームの多様性で、生産性をあげる異文化チームビルディング体験研修」でのいち風景。

 

 

<頂いた感想>

・自分の組織が良い状況にあると思えていないため、どうすればよいか、何か打開策が見つかればと思い参加しました。

 

・久しぶりに明快なプレゼンテーションに接することができて、刺激になりました

 

 

 

「今、自分の周りから小さなさざ波を起こしていく」

ティール組織とリーダーシップの中でお伝えした稲増の言葉です。

本日のプログラムご紹介セミナーが、みなさまの一助となれば幸いです。

 

 

 

次回、プログラムバスケットの開催は3月6日(水)を予定しております。

また、2月20日(水)には、「次世代リーダー育成セミナー」も開催予定です。

ご予定が合いましたら、是非お越しください。

 

 

 

2019年2月5日開催プログラム

9:30~10:15 No.1 会議の効率をアップし、成果につなげる
コンサルタントのファシリテーション技術

担当コンサルタント 染谷 文香
10:30~11:15 No.2 ティール組織とリーダーシップ
担当コンサルタント 稲増 美佳子
11:30~12:15 No.3 チームの多様性で、生産性をあげる
異文化チームビルディング体験研修

担当コンサルタント 染谷 文香
12:15~13:30 休憩
13:30~14:15 No.4 職場に帰ってすぐ使える、
ロジカルシンキングでの整理術

担当コンサルタント 塚田泰弘
14:30~15:15 No.5 教えることで他者&自分の価値を上げる
社内インストラクター発掘&開発

担当コンサルタント 稲増 美佳子
15:30~16:15 No.6 伝える力を身につけ、伝わる人に
ノウハウ・ドゥハウ研修「プレゼンテーション

担当コンサルタント 塚田泰弘
16:30~17:15 No.7 気づかぬうちの“モノ”コミュニケーション
-”ひと“として人間尊重を追求する関係づくり

担当コンサルタント 稲増 美佳子

 

 

 

開催日時場所

日時 2019年2月5日(火)
場所

東京都渋谷区神宮前1-13-23(原宿駅表参道口から徒歩2分)

原宿ビジョンハウス セミナールーム(東京原宿HRIオフィス)

参加費 無料

ニュース

  • 2019/10/15

    台風19号により被災された皆様へお見舞い申し上げます。

  • 2019/10/10
    お知らせ

    THE DAILY NNA タイ版に2019年10月10日付で紹介されました

  • 2019/10/9
    お知らせ

    タイ王国での子会社設立のご案内

  • 2019/10/1
    プレスリリース

    来春を見据えた「若手社員」のスキルアップ
    指導するマネージャー向けの「ストーリーテリング」と
    若手社員が伸びる「ロジカルシンキング」

  • 2019/9/25
    メディア掲載情報

    「PHPオンライン衆知」連載第7回目 取締役シニアコンサルタント稲垣一郎による
    「なりたい自分を実現する『課題解決力』」

  • 2019/9/17
    お知らせ

    KADOKAWAビジネスパーソン向けサイト”Study Walker” にて連載開始!

  • 2019/9/13
    セミナー・研修

    無料セミナー【プログラムバスケット】を2019年10月11日(金)に開催!

  • 2019/9/3
    ウェイ活動

    ビジョンハウス研修レポート
    「社会問題を解決する『社会起業家』を生み出すボーダレスグループ」

  • 2019/8/29
    事例紹介

    「人間は、一生勉強」進化しつづける学びの場
    ——株式会社鳥貴族様

  • 2019/8/8
    ソーシャル活動

    2019年6月8日(土)第24回ビジョンハウス倶楽部セミナー
    「介護を自分の人生の一部として肯定するために」