EN

「らしさ」を育んでいるか

2015/12/3
 筆者:三坂 健
 
企業や個人には「らしさ」が必要です。 「らしさ」は「ウェイ」や「イズム」と表現されます。 優れた経営を行う企業には必ずといっていいほど「らしさ」が存在します。

 

ではなぜ「らしさ」が求められるのでしょうか。 それを考えてみたいと思います。

 
 

結論からいうと「競争優位を生み出すから」といえます。

 

日本を代表する「らしさ」溢れる会社の一つである本田技研工業の創業者本田宗一郎は「石ころとダイヤ」という言葉を通じて次のように伝えています。

 

『同じ石でも、石ころには石ころの、ダイヤにはダイヤの役割がある』 『同じものは2つといらない』

 

社員にもそれぞれの個性を求め、自らが経営する企業にも強烈な個性を見出そうとしました。 極端に言えば、社員に対して本を読むことも薦めませんでした。なぜなら本を読むと、そこに書いてあることをマネしてしまい、自ら考えようとしなくなるから、だそうです。

 

賛否両論あると思いますが自らが小学校卒という中で、叩き上げで自分の頭だけを頼りに企業を築き上げてきた、そうしたところから個性が生まれる、という自負に溢れる考えだと思います。

 

「らしさ」は「個性」そのものです。同じものが2つあれば、当然、需要は二分されてしまいます。したがって、世界に唯一の個性=存在になることで、その領域の需要を独り占めできるようになります。

 

もちろん、需要なきところに商売は生まれませんが、却って、需要を追いかけるスタンスが強くなると、すでに存在するビジネスモデルや商品、サービスを二番煎じで行うといった行動に傾倒してしまいます。

 

コンサルタントには当然のごとく、論理性が求められます。論理的に公約数を求めていけば、すでに成功している事例をベースに経営を作り上げていくことでいわゆる「正解」を導くことができます。しかし、単に同じ個性を世に増やすことになるにすぎないのであれば、それは望ましいとはいえません。

 

ここが難しいところであり、かつ、やりがいでもあるのですが、クライアントや、その人個人の「らしさ」=「個性」を見出し、その強みを武器に、需要をつくりだすお手伝いをする。 論理だけでなく、感性や感情もフル活用する。大切なのは意欲=主体性を挽き出し、見極めること。

 

主体性なきところに、らしさは継続しません。

 

こうしたスタンスを「ウェイ・コンサルティング」と称し、日夜、クライアントと向き合う仕事をしています。

 

最後に質問です。”あなたの、そして、あなたの企業の世界に唯一しかない、「らしさ」とは何ですか?” 今は即答できなくとも、常に問い続けることに意味があります。

おすすめコンサルタント

  • 三坂 健

    シニアコンサルタント

    仕事を創る人をつくる

おすすめコンサルタント

  • 三坂 健

    シニアコンサルタント

    仕事を創る人をつくる

ニュース

  • 2019/5/27
    メディア掲載情報

    「プレジデントオンライン」に記事を掲載いただきました

  • 2019/5/23
    お知らせ

    【新刊】
    「全員転職時代のポータブルスキル大全(KADOKAWA)」が5月24日に発売になります

  • 2019/5/22
    セミナー・研修

    無料セミナー【プログラムバスケット】を2019年6月19日(水)に開催!

  • 2019/5/16
    メディア掲載情報

    「PHPオンライン衆知」連載第4回目 掲載

  • 2019/5/7
    ソーシャル活動

    第24回 ビジョンハウス倶楽部セミナー
    「介護を自分の人生の一部として肯定するために」ご案内

  • 2019/4/15
    セミナー・研修

    【夜セミナー】
    4月25日(木)19:00~無料セミナー開催
    「実践ストーリーテリング ~納得して動いてもらうための伝え方~」

  • 2019/4/12
    セミナー・研修

    新しいリーダーシップについて考えるセミナーを共同開催
    時代・環境の変化に即したこれからのリーダー育成の ポイントとは?
    セミナー内容をもとに新プログラムの開発も視野に

  • 2019/4/8
    セミナー・研修

    無料セミナー【プログラムバスケット】を2019年4月25日(木)に開催!

  • 2019/3/8
    セミナー・研修

    2019年3月6日 プログラムバスケット 開催しました!

  • 2019/2/25
    メディア掲載情報

    「PHPオンライン衆知」連載第3回目 掲載