EN

用語解説

世代マーケティング(ミレニアル世代、Z世代など)

マーケティング活動の1つである「セグメンテーション(細分化)」において、世代(生まれた時代)を切り口に生活者の特徴づけを行うマーケティング手法の1つです。

同じ世代が経験した環境(社会的・技術的・文化的な出来事)を枠組みとしてとらえ、世代で共有する総合的な知見を判断や意思決定の拠り所に世代を特徴づけます。

 

■背景

生まれた時期によって、「どのような情報に対して、どのような反応を示すのか」といった観点で有効な指標が異なることから、効果的なマーケティング施策を検討するうえで、「世代」を考慮せざるを得なくなってきました。

世代マーケティングで有名な世代は、「ミレニアル世代(Y世代)」と「Z世代」です。

 

■事例

ミレニアム世代は、インターネット環境が整備され、それを利用した技術やサービスが急速に発達する時期に成長したため、高い情報リテラシーを有しています。

また、物質的な豊かさよりも精神的な豊かさを求め、仲間意識や社会貢献への関心が高い傾向が見られます。

Z世代は、物心がついた時からデジタル技術が生活に入り込んでおり、「デジタルネイティブ」として新しいデジタル技術でも当たり前のように使いこなします。ミレニアル世代と比較すると、現実主義でコストを重視し、貯蓄に高い関心をもっています。

 

■代表的な世代マーケティング

世代マーケティングは、生まれた時代を重視する考え方ではありますが、実際には生まれた場所(地理的要因)にも大きく左右されてきました。

特に情報格差が大きかった時代は、都市部から地方に、先進国から新興国に広がる傾向がありましたが、インターネットの普及で情報格差が縮小してからは、環境変化を同時に体験する機会が増え、より「世代」としての同質化が進んでいます。

 

 

IT

グローバリゼーション

ソーシャル

ビジネスモデル

マーケティング

リーダーシップ

人事

分析手法

情報収集

戦略論

組織

経理・財務

ご相談はこちら